FC2ブログ

「短編集」
川のほとり~東洋陶磁美術館にて~

川のほとり~東洋陶磁美術館~

 ←8月29日に向けて・・・ →くちづけ~月下美人~
※このお話は、かなり以前に、ペ・ヨンジュンさんのお誕生日、8月29日を記念して書いたお話の一つです。



         ☆      ☆     ☆     ☆     ☆      ☆     ☆     ☆




どことなく秋の気配が忍び込んでいる夏の陽射し。
その中を、土佐堀川の川面を抜けていく風に吹かれながら、私は歩いていた。

レトロな雰囲気が郷愁をそそる赤いれんがの中ノ島中央公会堂。
しかしそれもなぜだか今日はひっそりと佇んでいる。

何かが違う・・・?

ふと、足を止める。
初夏には濃厚な香りと、さまざまな色形を競うように咲き乱れる中ノ島公園の薔薇園。
まだ秋薔薇には時節は早いはず。
今は緑葉だけが、川風に揺れているはず・・・。

しかし、彼の周りだけは、薔薇が陽炎のように香りたっている。

花縁にいくほどにピンクを濃くするニコール。
その名の如く太陽のきらめきのようなサンフラワー。
燃え上がるようなオレンジが崇高なまでのプロミネント。
ビロードのぬめりと光沢が美しいアンクル・ウォーター。
繊細な花弁が揺れるフレンチレース。
そして、優しいピンクが可憐な花かすみ・・・。

彼がその手を差し伸べ、そっと触れると、
薔薇たちはざわめき、いろめきたち、あでやかに咲き競い・・・。

彼?

天を仰いでいるわけでもないのに、そこだけは光に包まれ、
くっきりと彼の姿かたちだけを浮き上がらせていた。

誰?

しかし、彼は答えない。

じっとこちらを見つめ、匂い立つような微笑を浮かべるだけで。

私は手を差し伸べる。

大きな手が私の手を包み込み、そして、二人は歩き出す。

光に導かれるように、東洋陶磁美術館へと。

張り詰めた空気の中、静謐な時間が行き過ぎる。
ゆうらり、ゆうらりと、一部屋一部屋、そぞろ歩く。

柔らかな自然光に包まれて、
美しい陶磁器たちが、ひそやかにさざめきあいながら彼を迎える。

なまめかしいカタチに蓮の花を咲かせて、二人を誘惑する青磁辰砂蓮花文壺。
あどけない表情で小首を傾げ、二人を見ている青磁彫刻童女形水滴。
モリジアーニの女性のように細く長い頸を彼に魅せて、二人を呼ぶ白磁陰刻牡丹文瓶。
肩から胴裾にいたるS字のカーブが、二人をそそる青磁象嵌牡丹文梅瓶。
鉄砂梅鳥文壺、青磁象嵌雲鶴文板、・・・。

これは、あなたのお国のもの?

彼はかすかにうなずく。

そっと、その手を伸ばし、青磁辰砂蓮花文壺に触れる。
豊満な女性のようにたっぷりとしたそのフォルムにそって、
気まぐれに、すうっと指を滑らせる。

ひんやりと冷たい感触。

触れてもいない私が、それを感じる。

首筋に、背中に・・・。

刹那、その場にいたすべての女たちが凍りつく。

そして、その指は白磁陰刻牡丹文瓶へ。
一切の装飾的要素を排除し、高潔なまでに美しい乳白色のそれ。

彼が触れたその部分が、ほんのり温かみを帯び、淡淡とした色に染まっていく。

ただ彼は慈しむように、触れ、味わう。

立ち尽くし、言葉もなく、ただ彼に翻弄され。

時だけがただ、過ぎていく。

女たちのため息と吐息と、その余韻と。


光がふいに力を失い、
何事も無かったかのように、また時がリズムを取り戻す。

青磁のようになめらかに、
白磁のようになまめかしく、

あなたはそこに佇む。

神がつくりたもうた至高の芸術品として・・・。

あなたは選ばれし存在。
あなたは愛されるために生まれてきた人。

お誕生日、おめでとう。



東洋陶磁美術館・・・世界的にも有名な東洋陶磁の宝庫、
「安宅コレクション」を住友グループから大阪市が譲り受け、1982年オープン。
高麗・李朝をはじめとした朝鮮陶磁と中国陶磁を中心に約1300点を収蔵。
ここにあげた陶磁器は、常に展示されてはおりません。
私の好きなものだけを並べました。

ただし、絶対に陳列品には手を触れぬよう・・・。

特に、美しい男性には・・・。




 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 1月の花
総もくじ 3kaku_s_L.png 5月の花
総もくじ 3kaku_s_L.png 6月の花
総もくじ 3kaku_s_L.png 7月の花
総もくじ 3kaku_s_L.png 9月の花
総もくじ 3kaku_s_L.png 10月の花
総もくじ 3kaku_s_L.png 11月の花
総もくじ 3kaku_s_L.png 12月の花
総もくじ 3kaku_s_L.png 不埒な双子シリーズ
総もくじ 3kaku_s_L.png 街角シリーズ
総もくじ 3kaku_s_L.png リュウ&コウシリーズ(BL・完結)
総もくじ 3kaku_s_L.png 「鳥」シリーズ
総もくじ 3kaku_s_L.png 天使シリーズ
総もくじ 3kaku_s_L.png 覇王の丘(完結)
総もくじ 3kaku_s_L.png 二次創作(四月の雪)
総もくじ 3kaku_s_L.png 二次創作(冬のソナタ)
もくじ  3kaku_s_L.png 日記
もくじ  3kaku_s_L.png ライナーノーツ
総もくじ  3kaku_s_L.png 1月の花
もくじ  3kaku_s_L.png 2月の花
もくじ  3kaku_s_L.png 3月の花
もくじ  3kaku_s_L.png 4月の花
総もくじ  3kaku_s_L.png 5月の花
総もくじ  3kaku_s_L.png 6月の花
総もくじ  3kaku_s_L.png 7月の花
総もくじ  3kaku_s_L.png 9月の花
総もくじ  3kaku_s_L.png 10月の花
総もくじ  3kaku_s_L.png 11月の花
総もくじ  3kaku_s_L.png 12月の花
もくじ  3kaku_s_L.png 残り香(完結)
もくじ  3kaku_s_L.png 愛を刻む夜に
もくじ  3kaku_s_L.png 半夏生(完結)
総もくじ  3kaku_s_L.png 不埒な双子シリーズ
総もくじ  3kaku_s_L.png 街角シリーズ
総もくじ  3kaku_s_L.png リュウ&コウシリーズ(BL・完結)
総もくじ  3kaku_s_L.png 「鳥」シリーズ
総もくじ  3kaku_s_L.png 天使シリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 揺籃歌(完結)
総もくじ  3kaku_s_L.png 覇王の丘(完結)
総もくじ  3kaku_s_L.png 二次創作(四月の雪)
総もくじ  3kaku_s_L.png 二次創作(冬のソナタ)
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【8月29日に向けて・・・】へ  【くちづけ~月下美人~】へ
  • Tag List 
  •  * |

~ Comment ~

好きな2作品

ご無沙汰です!
やっと、PC前に座れたので早速お邪魔したら懐かしい作品。

バースディ特集の中のこの作品「川のほとり~東洋陶磁美術館」は、BYJ氏が初来日だったか?埼玉ドームでファンミした頃に書かれたものだったような・・・・

初期SOBでランチ会した頃にUPされたものだったような(記憶うろ覚え^^)

静謐で荘厳さな面持ちの美術館に毅然と佇む華のような風情を描いた作品にドキッとしたものでした。

大阪に行った際には訪れてみたいと思って数年ですが、来年は大阪のブロ友宅に行く予定ですので(どうしてく仲良くなる人大阪なんだろう???)是非とも本町お買いものツアー後に行ってみるつもりです。

それともう一つ、「くちづけ~月下美人」も大好きな一篇。
結果は違うのだけど、どうしても「ハーフムーン」を連想してしまうのよね~!
あちらはハッピーエンドだったけど、主人公の心情的には相通じるものがあるように思えます。

しかし、こうして見ると短編集の中の方が魅惑されるもの多いかな?

切り取った一つの情景の中、選び抜かれた言葉のひとつひとつが胸に沁み入ってきて、まるで映像の中にすっぽり取り込まれて主人公の心情そのものを自身が疑似体験するような感覚に囚われる。

読み手に度量と根気と辛抱を抱かせる長編は、読む前に気合入れないと乗り越えられないので、いっそう短編に惹かれるのかも(笑)

・・・とまあ、いつもながらの読み手の長い独り言です。

初夏前からの仕事のボリュームが予想を遥かに超えて、毎日の残業はいざ知らず先月から土日どちらか出勤がつづいてます。年を越すまで続きそうなので気力がある時に、またお邪魔しますね~!

Re: 好きな2作品

> ご無沙汰です!

本当にご無沙汰しております。

> やっと、PC前に座れたので早速お邪魔したら懐かしい作品。

ほんとに懷お話で・・・アハハ(汗)
自分でさえ、書いた時期が判然としない。
このお話を書いてからPCも2回買い換えているので、余計に分からなくなっているんですよね。
多分、8年前・・・9年前かな?
>
>この作品「川のほとり~東洋陶磁美術館」は、BYJ氏が初来日だったか?埼玉ドームでファンミした頃に書かれたものだったような・・・・

多分、初来日の翌年・・・だと思います。
>
> 大阪に行った際には訪れてみたいと思って数年ですが、来年は大阪のブロ友宅に行く予定ですので(どうしてく仲良くなる人大阪なんだろう???)是非とも本町お買いものツアー後に行ってみるつもりです。

その時は一言お声を。
美術館の中だけだったらご案内できます(って、方向音痴のお前が言うか!!と、あちらこちらからツッコミが入りそう・・・)
>
> それともう一つ、「くちづけ~月下美人」も大好きな一篇。
> 結果は違うのだけど、どうしても「ハーフムーン」を連想してしまうのよね~!
> あちらはハッピーエンドだったけど、主人公の心情的には相通じるものがあるように思えます。

・・・まぁ、二つとも「兄妹」もんですし・・・(^^;)

> しかし、こうして見ると短編集の中の方が魅惑されるもの多いかな?

あら・・・

> 切り取った一つの情景の中、選び抜かれた言葉のひとつひとつが胸に沁み入ってきて、まるで映像の中にすっぽり取り込まれて主人公の心情そのものを自身が疑似体験するような感覚に囚われる。

まぁ・・・。

> 読み手に度量と根気と辛抱を抱かせる長編は、読む前に気合入れないと乗り越えられないので、いっそう短編に惹かれるのかも(笑)

あはは。
そういや、最近長いのを書いていない。
長いのは書く方も継続する気力と体力が必要になるので・・・。
書きたい気持ちと妄想はたっぷりあるのですが、いかんせん体力が・・・(><)
>
> 初夏前からの仕事のボリュームが予想を遥かに超えて、毎日の残業はいざ知らず先月から土日どちらか出勤がつづいてます。年を越すまで続きそうなので気力がある時に、またお邪魔しますね~!

資格試験の方は一段落着いたのでしょうか?
くれぐれもご自愛の上(お互い、無理は利かなくなっているし)、お仕事頑張ってください。
私の方はこれから真剣にお勉強しなくちゃいけない。
あと3カ月で試験を二つ・・・。
頑張るぞ!!

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【8月29日に向けて・・・】へ
  • 【くちづけ~月下美人~】へ