FC2ブログ

更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2014 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312015 02

【  2015年01月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

 全文を読む

PageTop▲

憂鬱な姫君Ⅱ【第五話】

憂鬱な姫君~ムスカリ~

2015.01.25 (Sun)

 【第五話】やがて、二人はうっとりと顔を離すと、もう一度イルジェが愛しげにユアンの大柄な体をかき抱いた。先に我に返ったのはリン。傍らに呆然と突っ立っているユファを見ると、彼女は頬を痙攣させて目をつりあがらせている。「ユファ・・・」「な・・・何なの、これは」残念ながら、リンにも説明はできない。悪ふざけの大好きなユアンだけれど、まさか、イルジェと、男とキスするなんて想定外!!「説明しなくても分かると思う...全文を読む

PageTop▲

憂鬱な姫君Ⅱ【第四話】

憂鬱な姫君~ムスカリ~

2015.01.25 (Sun)

 【第四話】翌日からのユファの“進撃”はなかなか見事だったらしい。早速、ユジョンとデートして、狙った通り、夕食時にはユジョンに引っ張られて彼らの実家へ。もちろん、夕食の席にはイルジェがいる。彼は連日、関係各所に挨拶回りに出かけているらしいが、歓迎会だのなんだのをすっとばしてファリの手料理を味わうべく必ずテーブルについていた。ユファはユジョンの恋人というスタンスを利用して、イルジェに接近を試みていたそう...全文を読む

PageTop▲

憂鬱な姫君Ⅱ【第三話】

憂鬱な姫君~ムスカリ~

2015.01.23 (Fri)

 【第三話】ユジョンの蜜月は続いているらしいというユアンの報告に、リンは何も言わずにうなずいた。「大丈夫だよ、あの二人。ユジョンはああ見えてもひどく保守的だからね。自分は散々ゴージャス美人と遊んできたくせに、結婚する相手は楚々とした美人で、結婚初夜まで綺麗な身体のまま大切にしていたいと思っている。吐き気がしそうだ。27歳の女性がいまだに恋愛経験もなく、純潔なままだなんて、いまどき高校生だって信じてない...全文を読む

PageTop▲

レスリー・チャンに包まれて

日記

2015.01.22 (Thu)

 最近、レスリー・チャンの歌を聴いています。いいえ、聴き直しています、と言ったほうが正しいかな?レスリー・チャンというのは、香港の歌手であり映画俳優だった人です。過去形なのは亡くなってもう10年以上経つから。知っている方、いるかしら?常盤貴子さんと共演の「もう一度逢いたくて~星月童話~」という映画がありますね。私がレスリーに恋したのは、それこそ昔々。彼が自分の出生の秘密に拗ねまくっている頽廃的な美青年...全文を読む

PageTop▲

憂鬱な姫君Ⅱ【第二話】

憂鬱な姫君~ムスカリ~

2015.01.22 (Thu)

 【第二話】案の定、二人がリンのマンションに辿り着き(ユアンはちゃっかりと彼女のマンションに自分専用の駐車場を確保してしまっているのだ)、改めてワインでも飲み直そうとグラスを用意した時、リンの携帯電話が高らかにバッハを奏でた(ユアンのおふざけ)。「誰だよ、こんなに遅く」不愉快そうに尖らせたユアンの唇に軽く口づけすると、リンは携帯電話を取り上げた。「ユアンssi。いい子だから、ほんのちょっと黙っていてく...全文を読む

PageTop▲

憂鬱な姫君Ⅱ【第一話】

憂鬱な姫君~ムスカリ~

2015.01.22 (Thu)

 【第一話】 建築本部長室のフロントルームから秘書室(別名秘書だまり)に戻り、ドアを開いた途端、コ・リンは、思わず再びドアを閉じてしまった。一瞬、開いたドアの中からは、「そんな~、イ・ユアン課長」「ずるいわ~」などという、秘書室には非常に不似合いな、とてもじゃないがあまりお上品とはいえない嬌声が聞こえていた。その声もドアを閉じて遮断する。そのまま、リンは一歩、二歩と後ずさりするなり、身をひるがえして...全文を読む

PageTop▲

日曜、夜のつぶやき

日記

2015.01.19 (Mon)

 これは、昨夜、書いたものです。アップする余裕がなくて今朝になりました。あはは(汗)      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・昨日は、阪神淡路大震災から20年目の日でした。亡くなられた方々の冥福を心からお祈りいたします。震災では6434人の方が亡くなられ、今なお行方不明の方が3人いらっしゃいます。現在ではまだ東日本大震災の...全文を読む

PageTop▲

21年目のプレゼント~不埒な双子Ⅳ~【後編】

不埒な双子

2015.01.19 (Mon)

 【後 編】創立記念日&クリスマスイベント当日。ユジョンは在校生やらOBやら、そのまた父兄やらでごった返す学生会館の大ホールの中にいた。着席しての収容人数3000人の大ホールだが、女装によるロミオ&ジュリエットは口コミで前評判が高く、その直前のプログラムである軽音楽サークルの演奏が終わって客席の照明がともった途端、たちまち1・2階とも満席になった。あとは2階の張り出しBOXになっているVIP席が数席空いているだけ...全文を読む

PageTop▲

21年目のプレゼント~不埒な双子Ⅳ~【前編】

不埒な双子

2015.01.19 (Mon)

  【前 編】「ねぇ、グランマ」「なぁに、ユアンちゃん」うっと、チェ・ユジョンは頭を抱えたくなった。今、目の前のソファでくつろいでいる妙齢な(というのは、高齢者の範囲の中で・・・という意味だ)美しい女性の傍らに寄り添い、蕩けるような眼差しをして甘えている弟。確かに、お前さんはそこらへんの女の子よりもきれいだし、色っぽいよ。でも、止せ。そんな目で女性を見るの。今まで、その視線に負けてユアンの途方もない...全文を読む

PageTop▲

三つ子な双子~不埒な双子Ⅲ~

不埒な双子

2015.01.18 (Sun)

 「お前さ、さっさと帰れ」「・・・なんでだよ?」「邪魔だから」「はん、大事なお母さんを僕にとられたと思ってんだろ、マザコン」「マザコン、大いに結構。僕もユジョンも否定しないよ。あんな魅力的な女性が母親だなんて、運命的な僥倖に感謝するね、僕は」「でもさ、お前たち、ほんとに双子?」「それ以外、何に見えるってんだよ」「だって似てないじゃないか、双子って言うのは・・・」「僕たちは二卵生。便宜上兄貴になってい...全文を読む

PageTop▲

愛は不敵~不埒な双子Ⅱ~【後編】

不埒な双子

2015.01.16 (Fri)

 【後 編】ユアンの運転する真っ赤なポルシェ・ミニが止まったのは、大学から30分ほど走った閑静な住宅街の一角だった。自動的に開く門を通り抜け、ミニは車庫にスムーズに入ってゆく。車庫にはあと2台、トヨタとヒュンダイのハイグレード車と、ブルーのポルシェ・ミニが並んでいる。「あ~、兄貴が先に帰ってきている。心配性だな~。イルジェ、君は、兄弟は?」「・・・」「わ、緊張しているの?大丈夫だよ、うちの母さん、僕と兄...全文を読む

PageTop▲

愛は不敵~不埒な双子Ⅱ~【前編】

不埒な双子

2015.01.16 (Fri)

 【前 編】無事大学2年になって早や3カ月が過ぎた。チェ・ユアンは、必須語学で選択した中級日本語講座が終了し、やれやれとため息をついた。隣で、「お、さすがのチェ・ユアンもため息か?」と、2回生になってから仲良くなったクラスメイトにからかわれる。「え~、違うよ、昨日、ちょいと遊びすぎ」「また女の子か?」ユアンはちょっとだけ肩をすくめた。それが肯定なのか否定なのか、まだユアンとの付き合いが浅いクラスメイ...全文を読む

PageTop▲

不埒な双子

不埒な双子

2015.01.15 (Thu)

 これは、ユアンとユジョンが高校時代のお話・・・(^^)          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   「ユジョン、ユアン、あなたたち今、ご一緒ね?すぐに下に下りてきなさい」母親の冷静な、けれど有無を言わせない口調に、ユアンの部屋でインターホンを取ったユジョンは、背後で自分と同じように蒼ざめた弟...全文を読む

PageTop▲

憂鬱な姫君~ムスカリ~【最終話】

憂鬱な姫君~ムスカリ~

2015.01.14 (Wed)

 【最終話】「送ってくるから」と、ユアンが椅子から腰を上げたのはそれから30分後のこと。「今夜は帰ってこないおつもり?」「いっそのこと、ユアンの部屋に泊まればいいのに」「明日同じ洋服で出社するのはまずいだろう。やはりちゃんと送って来い。ただし、お茶くらいご馳走になって来い」順番に、母親、ユジョン、本部長の言葉だ。一体どんな家族なのかと、リンはますます頭がこんがらがってくる。「ご馳走様でした。失礼します...全文を読む

PageTop▲

憂鬱な姫君~ムスカリ~【第三話】

憂鬱な姫君~ムスカリ~

2015.01.14 (Wed)

 【第三話】秘書室に急いで戻ると、幸いなことに誰も部屋にはいなかった。みんな自分の本来の持ち場である本部長室のフロントルームにいるか、所属本部長と一緒に外出しているんだろう。いつも目を光らせている秘書室長まで席にいないということは、今日はみんな割りとヒマなのかもしれない。建築本部長の帰社時間まで、まだ2時間あるな・・・と、机の上を見て、その本部長からの伝言メモをみつける。いわく、「今日は予定が入った...全文を読む

PageTop▲

憂鬱な姫君~ムスカリ~【第二話】

憂鬱な姫君~ムスカリ~

2015.01.13 (Tue)

 【第二話】数日後、また社員食堂でぼんやりしていると、目の前にトンとトレイが置かれる。誰かは見ないでも分かる。現在、嫉妬と猜疑心により注目の的となっているリンのそばに寄ってくる人間など、そう多くはない。「あい・・・」「お断りいたします」「生憎だけれど、どこも空いてないから」リンの断りの言葉なんか全く無視して、先日と同じ顔をしてユアンが目の前に座る。「今日も憂鬱そうだね。やっぱり、あの親父、手ごわいか...全文を読む

PageTop▲

憂鬱な姫君~ムスカリ~【第一話】

憂鬱な姫君~ムスカリ~

2015.01.13 (Tue)

 【第一話】いつも一人なんだな・・・、彼はそうつぶやいた。彼女は、口元をきゅっと引き締めて迷いのない足取りで窓際のテーブルに向かうと、プラスティックのトレイをテーブルに置いた。少しばかり乱暴だったのか、スープカップが揺れてミネストローネが零れる。その自分のミスに唇を尖らせた彼女は、それでも諦めたように椅子に座った。それからジャケットのポケットから白い封筒を取り出し、中の便箋を開く。短い手紙だったよう...全文を読む

PageTop▲

不埒な双子、解禁であります

ライナーノーツ

2015.01.13 (Tue)

 ちょいと事情があり、今までお蔵入りしていた「不埒な双子」シリーズ、解禁であります。これも古いお話ですが、初出のサイト(http://www.beautifully-sweet-dolce.com/main/main_new.html)での掲載順は、まず、大人編の「憂鬱な姫君~ムスカリ~」、、それから、双子ちゃんの高校~大学時代のお話、「不埒な双子」「愛は不敵」「三つ子な双子」、「21年目のプレゼント」、んで大人に戻って、「憂鬱な姫君Ⅱ」だったような・・・...全文を読む

PageTop▲

悪あがき中・・・(ーー;)

日記

2015.01.12 (Mon)

 今日は成人式。新成人の皆さん、おめでとうございます。皆さんの前途が明るく輝き続きますようにお祈りいたします。・・・長い人生、挫折や葛藤はつきものですが、歩み続けてください。必ず明日は来るのだから。我が家のあたりは風がちょっと強いけれど、雨が降らなくてよかった。周辺中学校5校区(多分)合同の成人式会場は、我が家から徒歩8分(中途半端ですが)程にある文化施設。長男・次男の時の会場は、最寄り駅からバスで...全文を読む

PageTop▲

初詣に行ってきました

日記

2015.01.07 (Wed)

 仕事初めだった1月5日、夫は新年会で遅くなるというし、娘もバイトだというので、私一人で初詣に行ってきました。あ、え~っと、家族揃っての初詣では終わっておりまして、ごくごく個人的な初詣・・・でありますの・・・。というのも、個人的にとてもとても大切にしている神社がありまして・・・。この神社との出会いは2012年9月初旬。夫は単身赴任中、次男は就活中、長女は大学生活満喫中の残暑厳しい時でした。私はその1カ月...全文を読む

PageTop▲

今頃ですが、「あけましておめでとうございます」

日記

2015.01.07 (Wed)

 大変遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。昨年は本当にありがとうございました。今年もどうぞよろしくお願いいたします。年末年始、かなり冷え込みましたが、皆さん、どんなお正月を過ごされたのでしょう?私?え~っと、仕事納めと同時に次男が帰ってきて、「あ~ゆっくり寝たわ~」「久しぶりにまともなもん食ったわ~」と言いつつ、中学校や高校の同窓会、元バイト先などに顔を出し、のびのびと旧交を温めており...全文を読む

PageTop▲

前月     2015年01月       翌月

Menu

プロフィール

tomtarow

Author:tomtarow
好きな俳優さんをモチーフに妄想話を書き続けています♪

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。